ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市歴史美術館

高梁市歴史美術館

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年6月22日更新

 

 

展覧会のご案内

 
たかはしの歴史と美術 写真

令和4年6月22日(水曜日)~
令和4年8月22日(月曜日)

常設展 たかはしの歴史と美術

 


歴史美術館では市内の多様な地域の歴史を時代に沿ってご紹介する常設展を開催しています。

また、「山田方谷の生涯」と題して、漢学者で備中松山藩の藩政改革の立役者である山田方谷に関する資料を展示しています。

お知らせ

 
古文書サムネ

新発見

備中松山藩士芦田家に伝わった戦国時代の古文書

 


 令和3年度に開催された企画展「新収蔵品展~歴美のNew Comer~」において、近年当館に寄託された資料群の中に戦国大名・宇喜多直家・秀家書状を含む新発見の戦国時代の古文書3通が含まれていることがわかりました。
 史料の調査成果について、調査を担当した職員の解説動画を公開しています。

戦国時代の貴重な古文書をご自宅でもお楽しみください。

 

            ギャラリートーク動画はこちら

高梁市歴史美術館について

 
文化交流館

高梁市歴史美術館


岡山県高梁市原田北町1203番地1

高梁市文化交流館 2階

 

■ご利用案内 ■収蔵品について

■ 美術館までのアクセスはこちら

展示室

 岡山県高梁市は岡山県西部、古くは備中国といわれ
た地域の中心に位置し、江戸時代には備中松山城とそ
の城下町を中心とした備中松山藩として知られていま
した。幕末維新時には老中首座板倉伊賀守勝静の領地
として栄え、この時、多くの人材を輩出したことでも
知られています。

 高梁市歴史美術館は、生涯学習センターとして建設
された高梁市文化交流館の2階部分に設置されていま
す。これまで寄贈等で高梁市に集積された美術品、あ
るいは、歴史資料を保存活用するとともに、高梁の歴
史に関する資料、高梁ゆかりの作家の作品の収集、企
画展等の開催に努めています。こうした活動を通して
、生涯学習の一翼を担うことが本館設置の目的です。