ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農林課 > 新規就農に向けた支援

新規就農に向けた支援

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月1日更新

新規就農に向けた支援

地域農業の特徴

 高梁市は吉備高原の西端に位置しており、農地の多くは400メートル前後の高原地帯に位置しています。このため、冷涼な気候を生かした果樹や野菜の栽培が盛んに行われています。特にニューピオーネ、夏秋トマトは県内屈指の産地となっています。

就農希望の人へ

 平成5年~27年の間に35人の実務研修生を受け入れ、うち27人が就農しています。作目は主にニューピオーネと夏秋トマトです。
 主に地域内の空き家や空き農地等の未利用資源を活用して新規就農支援を行っています。したがって、地域の一員となり、生活ができることが大切です。

農業体験研修・農業実務研修の取り組み状況

研修実施体制の整っている産地

研修品目産地の位置研修主体名
ぶどう(ニューピオーネ)宇治町、中井町びほく農業協同組合
トマト・ぶどう備中町平川びほく農業協同組合
トマト備中町湯野びほく農業協同組合
ぶどう・トマト備中町西山びほく農業協同組合
ぶどう成羽町木ノ村びほく農業協同組合
トマト川上町びほく農業協同組合

 

研修受け入れ条件について

・当面の生活資金や就農に必要な施設等の資金を準備できる人
・原則として労力が2人以上確保できる人
・家族の理解と協力が得られる人
・研修実施時に営農、生活の拠点を市内に有する人
・産地の担い手として積極的な活動ができる人

就農、定住等に関する支援情報

農地等の確保

・高梁市空き家・空き農地情報バンクで農地情報を提供します。
・人・農地プランを活用し、空き農地の情報収集を行っています。

就業奨励金支給事業

 新たに農業に従事し6カ月を経過し、将来にわたり専業として農業経営を続けていく認定農業者等で、年齢が申請年度において55歳以下の人に就農奨励金を支給します。
・後継型:10万円
・経営分離独立型:10万円
・新規参入型:100万円

新規就農者向け農業スクールの実施

 新規栽培者の栽培技術の習得のため、講習会を実施しています。トマト・ニューピオーネ・桃の3コースを実施しています。

青年就農給付金(国の制度)

 青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、就農前の研修期間(2年以内)及び経営が不安定な就農直後(5年以内)の所得を確保する給付金を給付します。

 詳しくは⇒青年就農給付金(農林水産省)

新規就農研修制度(岡山県の制度)

 岡山県では、本格的に農業を始めたい方を対象とした新規就農研修制度を設けています。 この研修は、就農を希望する産地で行う2段階の研修で、農家出身でない方もプロ農家になれるよう地域が一体となって支援します。

 詳しくは⇒新規就農研修制度(岡山県)

住居の確保

・高梁市空き家・空き農地情報バンクで空きや情報を提供します。 詳しくは⇒高梁市移住・定住情報サイト「住もうよ高梁」
・宇治地区では地域ぐるみで空き家情報の収集提供を行っています。
・宇治、平川地域では就農研修用に短期滞在施設を整備しています。

 定住促進住宅建設費等助成金

 市内に住宅を新築する人、市内の空き家を購入、賃貸し改修する人に、助成金を交付しています。

 詳しくは⇒高梁市移住・定住情報サイト「住もうよ高梁」

 乳幼児医療費給付事業

 18歳まで(18歳に達する年度末まで)の医療費の自己負担額が原則無料となる助成があります。

 詳しくは⇒高梁市子ども未来課「子ども医療費」