ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 有害鳥獣対策室 > 野猪等防護柵設置補助金について

野猪等防護柵設置補助金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 補助金の概要

 個人もしくは団体で野猪等防護柵を設置する場合、次の補助を行っています。

今年度より前回交付後3年(電気柵本器は7年)以上経過している防護柵の更新が補助対象となりました。

 
対象者防護柵を設置する農地を耕作している人
対象地市内または隣接する市町にある農地
対象事業

設置延長100m以上の防護柵

(野猿防護柵については30m以上

 ※複数箇所に設置する場合は合計の延長となります。

補助額

(1)防護柵

 補助基本額または資材購入費のいずれか低い額の1/2

 【補助基本額】

 ・金網、トタン…600円/m  ・電気柵・・・250円/m  ・網…100円/m

(2)電気柵本器

 30,000円または購入額のいずれか低い額

(3)野猿防護柵

 資材購入費の2/3

 ※野猿防護柵は別添標準仕様を満たすものに限る。

 
 
対象団体

(1)市内の集落営農組織、農地所有適格法人、農業生産組織、その他農業団体

(2)構成員の全てが市内に住所または農地を有している3人以上の団体

対象地市内または隣接する市町にある農地
対象事業

設置延長1,000m以上または受益面積が2ha以上の防護柵

 ※複数箇所に設置する場合は合計の延長となります。

補助額

(1)防護柵

 補助基本額または資材購入費のいずれか低い額の2/3

 【補助基本額】

 ・金網、トタン…600円/m  ・電気柵…250円/m  ・網…100円/m

(2)電気柵本器

 40,000円または購入費のいずれか低い額

 申請方法

 補助金申請には次の書類が必要となります。申請書類を作成の上、市役所有害鳥獣対策室または地域局、地域市民センターの窓口へ提出してください。

 【必要書類】

 ・野猪等捕獲柵設置補助金交付申請書

 ・事業実施計画書

 ・設置箇所図

 ・設置場所及び農地所有者名簿

 ・見積書の写し

 
 ダウンロード  防護柵設置補助金交付申請書 [Wordファイル/24KB]
ダウンロード  申請書記入例 [Wordファイル/63KB]
ダウンロード  野猿防護柵標準仕様書 [Excelファイル/41KB]

 防護柵設置および補助金申請における注意事項

 ・設置工事費および、送料、人夫賃などの資材の費用以外のものは補助対象外となります。

 ・防護柵設置場所の土地所有者の承諾が必要です。事前に承諾をとってから申請・設置してください。

 ・防護柵の設置は補助金交付決定後に行ってください。(既に設置されているものは補助金申請できません。)

 ・見積書の宛名は申請者と同じ名称で取得してください。