ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 理財課 > 行財政改革の取組について

行財政改革の取組について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月4日更新

行財政改革の取組を進めています!

高梁市では、「市民との協働によるまちづくりと、簡素で効率的な行財政システムの構築」を基本方針として、平成17年度から平成21年度にかけて第1次行財政改革に取り組んできました。これにより、特に財政面において着実な成果が挙がりましたが、さらに行革の取組を進めるため、平成22年度から組織のスリム化、施設の統廃合や民営化などに重点を置いた第2次行財政改革に取り組んでいます。
  

1 第2次行財政改革大綱について

第2次行財政改革では、「市民との協働による開かれた市政の推進」、「時代に即した行政運営の推進」、「施設管理の見直しと公有財産の有効活用」、「組織機構の再編と人材育成の推進」、「持続可能な財政基盤の確立」の5つの柱を中心とした改革に重点的に取り組み、改革の基本目標である「後世に負担を残さない行財政システム(仕組み・体制)への転換」を図ります。
そのための指針として、平成21年12月に22年度から26年度を計画期間とする「第2次高梁市行財政改革大綱」及び「第2次高梁市行財政改革大綱実施計画」をまとめました。
   
第2次行財政改革大綱の5つの柱

2 これまでの取組の実績について

● 第1次行財政改革の実績
● 第2次行財政改革の実績

3 その他の行革関係資料

     

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)