ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

景年記念館

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月5日更新

景年記念館

 景年記念館(けいねんきねんかん)は、高梁市備中町出身の書家、川上景年(かわかみけいねん)を顕彰し、その作品を永く保存・公開するために、平成9(1997)年11月、開館しました。ここでは川上景年の約700点に及ぶ書作品と遺愛品の数々を収蔵しています。

 川上景年は、明治36(1903)年備中町東油野に生まれました。18歳で上京、書の道に入り頭角を現し、昭和8(1933)年には大道書学院を開設、後進の指導にあたるとともに、中国、ベルギーとも交流、書道文化の紹介に努めました。平成11(1999)年には、第1号の備中町名誉町民(現・高梁市名誉市民)の称号を贈られました。平成15(2003)年、99歳で逝去するまで精力的に書道の発展に努めました。

 景年記念館では、毎年展示替えを行い、膨大な収蔵作品の中から約30点の作品を公開し、その業績を紹介しています。

  • 住所:高梁市備中町布賀3543-3
  • 開館時間:10時00分~15時00分
  • 休館日:月曜日、水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日-1月4日)
  • 駐車場:2台
  • 入館料:大人300円、小中学生150円                                                       市内の小・中学生は学校休業日のみ無料                                                                                                                            65歳以上の方は無料(証明できるものを提示ください)                                                                                                                             障害をお持ちの方は無料(本人と介護者1名。手帳を提示ください)

※景年記念館の周辺には「備中郷土館」もあります。詳しくは下記「関連リンク」からご覧ください。

  関連リンク
    川上景年略歴

    備中郷土館

    大道書学院・・・大道書学院は、昭和8年に川上景年先生が創設し、正統派書道を伝承することを目的としています。