ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 選挙管理委員会事務局 > 選挙権と被選挙権について

選挙権と被選挙権について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月20日更新

選挙権・被選挙権は選挙の種類ごとに次のとおりです。

選挙の種類選挙権(選ぶ権利)被選挙権(選ばれる権利)
衆議院議員満18歳以上の日本国民満25歳以上の日本国民
参議院議員同上満30歳以上の日本国民
都道府県知事満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上同一の市町村の区域内に住所がある人※上記の人が同じ都道府県内の市町村に住所を移したときは、1回に限り引き続き選挙権を有します。同上
県議会議員同上県議会議員の選挙権のある人で、満25歳以上の人
市町村長満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上その市町村の区域内に住所がある人満25歳以上の日本国民
市町村議会議員同上その市町村議会議員の選挙権のある人で、満25歳以上の人

※ 上記の要件を満たしていても、選挙犯罪などで公民権が停止されている場合は、その期間中、選挙権・被選挙権はありません。

※ 選挙権があっても、市町村の選挙人名簿に登録されていないと実際の投票はできません。