ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 総務課 > 過年度災害復旧工事等に係る不適切な事務処理に関するお詫びとその概要について

過年度災害復旧工事等に係る不適切な事務処理に関するお詫びとその概要について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月21日更新

過年度災害復旧工事等に係る不適切な事務処理に関するお詫びとその概要について

○過年度災害復旧工事等に係る未払金の発生について(発表年月日 平成29年8月21日)

 産業経済部内の3課(農林課、建設課、上下水道課)の過年度災害復旧工事等について、工事を発注したにもかかわらず、業者と契約書を交わさず、かつ工事代金等も未払となっている事案が多数あることが判明しました。 
 大変不適切な事務処理であることはいうまでもなく、業者にもご迷惑をかけるとともに、こうした不適切な事務処理は市の信用失墜と市民の信頼を裏切るものであり、市として大変遺憾であり深くお詫び申しあげます。  

事案発生年度   

 平成24年度~平成28年度  5年間

未払い件数、金額等

  ・一般会計(農林課・建設課)  件数:204件   未払い額: 9,637万1,910円
  ・特別会計(上下水道課)     件数:  1件   未払い額:   618万6,240円
                 合計  件数:205件   未払い額: 1億255万8,150円 

関係業者数    

  19社

事案の概要と原因等

 農林課、建設課につきましては、災害復旧等の緊急性のある現場において、当時の現場担当者が、現場の状況などを判断して、業者に施工を口頭で指示しただけで、本来行う必要がある起案、契約の締結などの事務手続きを行っておりませんでした。
 また、上下水道課につきましては、工事の増額があったにもかかわらず、それに伴う事業費の把握が十分できておらず、かつ事務処理も遅れたため、結果、予算が不足し未払いが発生したものです。

  こうした事案が発生した一因には、それぞれの課内において情報の共有ができておらず、また、上司および所属長への報告、相談が不十分であったことが考えられます。また、職員を管理監督する立場にある管理職が、日頃から職員や現場の状況を十分に把握していれば、これだけの多くの事案が発生する前に気づいていたものと考えられますが、そうした組織としてのチェック体制が機能していなかったと言わざるを得ません。
 なお、関係職員への聞き取り、および業者との確認作業を行った結果、不正等はなかったと判断しております。

今後の対応

 未払工事については、関係資料から改めて設計書を作成し基本的には通常の工事執行規則に準じて事務処理を行いたいと考えております。
 また、関係する職員については、厳正なる処分を行うとともに今後二度とこうしたことがないよう事務マニュアル等の整備や見直し、職員研修などによるコンプライアンスの強化など再発防止策を図ってまいります。

問い合わせ  

 高梁市総務部総務課(電話0866-21-0200)