ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 介護保険課 > 市民公開講座「胃がんの予防・治療と地域での支え合い」を開催しました

市民公開講座「胃がんの予防・治療と地域での支え合い」を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月13日更新

胃がんの予防・治療についての最新情報を、より広く学んでいただくために市民公開講座を開催しました。

日時

平成25年12月7日土曜日 14時00分から16時40分

場所

高梁市文化交流館3階 中ホール

参加者

愛育委員、栄養委員、民生委員、学校関係者、医療職、介護支援専門員等約250名

内容

4人の講師より、以下のとおり講演がありました。

『在宅緩和ケアに向けて』

大杉病院 木村 秀幸 先生

座長:仲田医院 仲田 永造 先生

kimurasennsei(写真 大杉病院 木村先生)

『早期胃がんの診断と治療』

成羽病院 鶴見 尚和 先生

座長:成羽病院 那須 龍介先生

turumisennsei(写真 成羽病院 鶴見先生)

『ピロリ菌感染症 当院の取り組み』

高梁中央病院 志茂 公洋 先生

座長:高梁中央病院 中村 隆資 先生

simosennsei(写真 高梁中央病院 志茂先生)

『胃がん撲滅に向けて』

川崎医科大学 総合臨床医学 准教授 井上 和彦 先生

座長:西医院 西 厚生 先生

inouesennsei(写真 川崎医科大学 井上先生)

参加された皆さんは、ピロリ菌と胃がんの予防と治療についての最新情報を学ぶとともに、がんの治療中であっても、住み慣れた地域で、生活の質を落とすことなく、医療や介護を受けることが出来ることを学ばれていました。