ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 介護保険課 > 高額介護サービス費の支給について

高額介護サービス費の支給について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月5日更新

 世帯で受けた介護サービスの利用者負担の月の合計額が、所得に応じた上限額を超えた場合、その超えた費用を高額介護サービス費として支給します。なお、負担額に居住費、食費、日常生活費等は含まれません。

利用者負担上限額一覧

負担段階対象者利用者負担上限額
(月額)

第1段階

生活保護受給者または利用者負担を15,000円に減額することで、生活保護の受給者とならない者

15,000円

第2段階

市民税世帯非課税かつ老齢福祉年金の受給者または課税年金収入額と合計所得金額の合計が年額80万円以下の者

15,000円

第3段階

市民税世帯非課税かつ第2段階に該当しない者または利用者負担を24,600円減額することで、生活保護の受給者とならない者

24,600円

第4段階

市民税世帯課税の者(現役並み所得相当未満)

37,200円

※H29.8から44,400円

第4段階

市民税世帯課税の者(現役並み所得相当・同一世帯に市民税課税所得145万円以上の第1号被保険者がおり、収入が単身で383万円以上、2人以上で520万円以上の者)

44,400円

※同じ世帯ですべての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯に、年間上限額(446,400円)を設定。(平成32年3月末日までの緩和措置。)

申請方法

 高額介護サービス費の支給対象となった方に申請書を送付します。申請書の送付は実際に負担した月から約3ヶ月後になります。申請書が届きましたら、必要事項をご記入の上、介護保険課介護保険係まで提出してください。