ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 介護保険課 > 地域密着型サービスの概要

地域密着型サービスの概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月15日更新

 地域密着型サービスとは、要介護や要支援状態となっても、できる限り住み慣れた自宅や地域での生活を継続できるようにするためのサービスです。  

地域密着型サービスの特徴

  • 住み慣れた自宅や地域での生活を継続することを目的としているため、高梁市の地域密着型サービスを利用できる方は、要支援・要介護の認定を受けた高梁市民となります。
  • 利用者と施設職員の信頼関係が築けるように小規模な施設となっています。  
種  類サービス内容
地域密着型通所介護
(要介護1~5の方)
日帰りでデイサービスセンターに通って、食事・入浴・機能訓練などの日常生活の介助を受けるサービスです。
※平成28年4月1日から利用定員18人以下の通所介護事業所が「地域密着型」となりました。
(介護予防)小規模多機能型居宅介護
(要支援1・2、要介護1~5の方)
事業所への「通い」を中心として、一人ひとりの生活にあわせて、自宅への「訪問」や事業所への「泊まり」ができ、在宅生活を支える24時間365日のサービスです。
「通い」は少人数で家庭的な雰囲気な中で入浴・食事・機能訓練など日常生活の介助を受けます。「通い」「訪問」「泊まり」を同じ事業所の職員が行うため、利用者が顔なじみの職員によるサービスを受けることができます。
(介護予防)認知症対応型共同生活介護
(要支援2、要介護1~5の方)
認知症の人が少人数で家庭的な環境のもと、共同生活を送ります。家事などそれぞれの能力に応じて、できることを役割とし、その人が日常生活の中でできない部分について介護職員から介助を受けながら生活を送るサービスです。一般的には高齢者グループホームと呼ばれています。
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護(要介護1~5の方)

自宅での生活が困難な人が、小規模な特別養護老人ホームに入所し、食事・入浴・排せつなど生活介護を受けられるサービスです。

平成27年4月1日から、原則として要介護3以上の方が入所できる施設となりました。ただし、居宅において日常生活を営むことについて、やむを得ない事由がある場合は特例的に入所が認められます。

地域密着型特定施設入居者生活介護
(要介護1~5の方)

※高梁市では提供していません

小規模な有料老人ホーム等で、見守りや食事、身の回りの世話などの生活介護が受けられるサービスです。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護
(要介護1~5の方)

※高梁市では提供していません

日中・夜間を通じて、定期的に巡回する訪問介護と緊急時の訪問介護、看護師等による訪問看護が一体となったサービスです。

夜間対応型訪問介護
(要介護1~5の方)

※高梁市では提供していません

夜間(午後10時~午前6時)に定期的に巡回する訪問介護と随時の訪問介護を受けることができるサービスです。

複合型サービス
(要介護1~5の方)

※高梁市では提供していません

小規模多機能型居宅介護と訪問看護の組み合わせによる、介護と看護が一体となったサービスです。

 

地域密着型サービス事業所一覧

  高梁市内の地域密着型サービス事業所は添付ファイルをご覧ください。

介護保険サービス事業所一覧(地域密着型サービス以外)

  高梁市内の介護保険サービス事業所(地域密着型サービス事業所以外)は添付ファイルをご覧ください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)