ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 住もうよ高梁 > 夢だった田舎暮らしを実現・自然のなかで奮闘中 宇治町・布川さん夫妻

夢だった田舎暮らしを実現・自然のなかで奮闘中 宇治町・布川さん夫妻

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月4日更新

布川さん

Q.高梁市へ移住したきっかけは?

私たちは以前から、自然のなかで暮らし、子育てがしたい、自分で育てた農産物を食べ、人との繋がりのなかで暮らしたいという希望を持っていましたが、東日本大震災が移住の決断となりました。

Q.移住までの流れは?

まず、災害が少なく気候が温暖な地域ということで岡山県に的を絞りました。そして空き家バンク登録物件を中心に県内を見学してまわりましたが、高梁市では「家」ではなく、「地域」を紹介していただきました。それが宇治地域でした。宇治地域では、地域の人が親切に相談にのっていただき、空き家も紹介いただきました。この「人」の温かさが決め手となり、高梁市宇治町へ移住してきました。

Q.高梁での暮らしはいかがですか?

移住して1年が経過しますが、美しい四季を見せてくれる自然の風景に感動しながら暮らしています。でも日々変化していく自然のスピードには未だ追いつけません。例えば、今は刈ってもあっという間に伸びていく雑草との競争の日々。そういう意味でスローライフは実現できていないかな(笑)。自然とのかかわり方や暮らし方について、地域の人に一から教わりながら暮らしています。

Q.これからの目標は?

現在、自営で珈琲豆の焙煎販売を行っています。妻は市内の直売所で働いています。現在の経営を安定させ、将来的にはジャムなどの農産加工品の製造・販売も手がけていきたいと思っています。

Q.移住を考えている方へのメッセージ

移住前はいろんな不安があると思います。でもそれは地域をよく見て知ること、慣れることで解決できることなので、大きな問題ではないです。あまり心配しない方がよいと思います。

※平成26年4月移住、平成27年5月インタビュー


ページトップにもどる
前のページにもどる