ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市消防本部 > 倒れている人には!
高梁市消防本部

倒れている人には!

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

 倒れている人には!

<倒れている人をみたら>

  • けがや病気で倒れている人をみたら、あなたならどうしますか?
  • もし、その人の呼吸や脈がとまっていたらどうしますか?
  • 脳が酸素なしで生きられるのはわずか3~4分です。
  • そんな時は少しでも早い救命手当が必要です。
  • 勇気をもって行ってください!

救命手当の手順

C.(Circulation)胸骨圧迫普段どおりの呼吸がなければ、ただちに胸骨圧迫を開始します。
胸の真ん中を重ねた両手で「強く、速く、絶え間なく」圧迫します。
垂直に胸が少なくとも5cm沈むぐらい押します。
リズムは、1分間に少なくとも100回です。
胸骨圧迫イラスト 胸骨圧迫フォト

A.(Airway)気道確保反応(意識)がなくなると舌が落ち込んで空気が通りにくくなります。
頭部を後方に反らし、もう一方の手の指であご先が上方に向くようにします。

 気道確保イラスト気道確保フォト

B.(Breathing)人工呼吸呼吸がなければ人工呼吸をします。
気道を確保したまま鼻をつまんで息を2回吹き込みます。(胸が軽く膨らむ程度) 

人工呼吸がためらわれる場合は、胸骨圧迫だけでも行なってください。

人工呼吸イラスト人工呼吸フォト

     胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせを続けます。救助者が複数いる場合は胸骨圧迫を

 1~2分を目安に交替しましょう。