ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 高梁市文化交流館 高梁市歴史美術館 > 平成29年度企画展「高梁ゆかりの日本画展」

平成29年度企画展「高梁ゆかりの日本画展」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月12日更新

高梁ゆかりの日本画展
 幕末の頃、備中松山藩には御用絵師として狩野素朴が仕えていたほか、江戸勤番中に画を学んだ間野凸渓、小野竹喬の祖父である白神澹庵など多くの絵師が活躍していました。
 今展では、初公開となる狩野素朴の天井絵や間野凸渓を中心に、幕末から明治にかけての作品約40点を展示いたします。

会期

平成30年1月27日(土曜日)~3月11日(日曜日)

入館料

大人300円
小・中学生150円
※市内在住の小・中学生が学校休業日に入館するときは無料。
※市内在住の65歳以上の人は無料。(証明できるものをご提示ください。)
※障がい者手帳をお持ちの人と介助者1人が入館するときは無料。
 

開館時間

9時00分~17時00分(ただし、入館は16時30分まで)
 

休館日

火曜日

主催

高梁市、高梁市教育委員会、高梁市歴史美術館

平成29年度高梁歴史いろは塾との連携企画

演題 「高梁川流域の画人たち‐近世絵画を中心に‐」
講師 倉敷市立美術館
    主幹 前田興氏
日時 平成30年2月24日(土曜日)
    10時00分~12時00分
場所 高梁市文化交流館 講座室2・3

参加費 無料

申し込み 開催日の1週間前までに下記にお申し込みください。
      高梁市総合戦略課        Tel 0866-21-0257
      高梁市教育委員会社会教育課 Tel 0866-21-1516 

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)