ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 天守の残る唯一の山城 備中松山城 > 雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台(雲海展望台)
大政奉還150周年記念プロジェクト
備中松山城
見どころ
歴史
問い合わせ
アクセス

高梁いんふぉ

たかはしナビアイコン

備中松山城には、たかはし☆ナビで行こう!

携帯電話のGPS機能を利用し、現在位置から一番近い観光地や景勝地の紹介、地図表示をします。地図アプリにより、目的地までの案内も可能です。


雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台(雲海展望台)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台(雲海展望台)は、標高430メートルの臥牛山頂上に建つ、備中松山城の天守を横から眺めることができるポイントです。特に秋から春にかけての早朝には雲海が一面に広がり、運が良ければ写真のような「雲海に浮かぶ備中松山城」を見ることが出来ます。ただし、雲海は昼と夜の寒暖差が大きいことや無風などの気象条件がそろわないと発生しません。また、雲海が薄すぎても厚すぎても、「雲海に浮かぶ備中松山城」を見ることができません。
 雲海シーズンには、ぜひ皆さんも、「雲海に浮かぶ備中松山城」をご覧ください。

雲海が発生する時期

 雲海が発生する時期は、9月下旬~4月上旬の早朝です。12月から2月末までは雪が積もることがあります。時間は明け方から午前8時頃までで、特に10月下旬~12月上旬の早朝には、濃い朝霧が期待できます。雲海が出る条件は「天候が良く、朝方と日中の気温の差が大きいこと」がひとつの判断基準となります。

雲海の見えるスポット

観光地への案内は 「たかはし☆ナビ」 で!

たかはし☆ナビは、携帯電話のGPS機能を利用し、現在位置から一番近い観光地や景勝地の紹介、地図表示をします。
地図アプリにより、目的地までの案内も可能です。ぜひ、ご利用ください。

たかはし☆ナビQRコード 

雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台(雲海展望台)への案内

トイレのご案内

 雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台(雲海展望台)には、仮設トイレのみとなっております。混雑する場合もございますので、近隣の公衆トイレもご利用ください。

楢井ダム公園(スロープ・車いす対応トイレ・駐車場有)

高梁美しい森(大型車不可)

ループ橋公園(駐車場有)

注意事項

〇雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台(雲海展望台)周辺で野生猿と遭遇する可能性があります。臥牛山に生息する猿は国指定天然記念物のため、

 ・石や棒でおどかさないこと
 ・手をさしだしたり、からかう行為をしないこと
 ・たべものを与えないこと
 ・持ち物(特に紙袋)は猿の目にふれないようにすること
 ・猿と目をあわさないこと
 ・車の窓は閉めて、駐車すること

注意事項を守り、野生猿を興奮させないように落ち着いて対処してください。

〇雲海に浮かぶ備中松山城を望む展望台(雲海展望台)は皆さんが使う施設です。ごみ等は必ずお持ち帰りください。

〇冬期は展望台周辺の道路が凍結することがあります。お越しの際はご注意ください。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)