○高梁市農企業経営者育成資金融資規則

平成17年3月31日

規則第13号

(目的)

第1条 市内の農業者が、経営の近代化を促進するために必要な資金需要を満たすため、低利な融資措置をもって農企業経営の健全な発展に資し、本市農業の振興を図るものとする。

(融資方法)

第2条 市は、この制度の融資基金として、予算の範囲内で市内の農業協同組合に預託し、農業協同組合は、これを基としてその額の2.5倍までの自己資金を併せて市内の農業者に融資するものとする。

2 前項の場合において、市は農業協同組合に融資基金に相当する資金を預金し、その預金をもって預託資金とみなすものとする。

(融資対象)

第3条 融資を受けようとする者は、次の各号の要件を備えていなければならない。

(1) 農業協同組合の組合員で、農企業経営者又はこれを志向する農業者で、経営内容が堅実であること。

(2) 国、県の融資制度に対応でき難い資金需要を有していること。

(3) 市税を完納していること。

(融資条件)

第4条 融資の条件は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 融資額10万円以上200万円以内

(2) 融資対象となる事業は、別表のとおりとする。

(3) 融資期間 5年以内、据置期間 2年以内

(4) 融資利率 年6パーセント以内

(5) 償還方法、貸付方法、担保、保証人等については、農業協同組合の定めるところによる。

(融資の申込み)

第5条 融資を受けようとする者は、農業協同組合の定めるところにより、当該農業協同組合に融資の申込書を提出するものとする。

(融資の決定)

第6条 農業協同組合は、融資の申込書を受理したときは、内容を審査して速やかに融資の決定をするものとする。

(貸付要領)

第7条 農業協同組合は、貸付要領を定めて市長の承認を受けなければならない。

(報告)

第8条 農業協同組合は、毎年9月、3月のそれぞれの末日の融資の状況を翌月の10日までに市長に報告し、3月末日にはその年度の融資の実績を取りまとめて市長に提出しなければならない。

(その他)

第9条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年5月21日規則第52号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年4月8日規則第36号)

この規則は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

資金の種類

融資対象となる事業

土地取得資金

農地、採草放牧地又は未墾地の取得

土地基盤整備資金

かんがい排水施設、農道新設改良、区画整理、開畑、果樹園等の改良、その他市長が必要と認めた事業

農業施設設備資金

1 農舎、畜舎、農産物乾燥施設、堆肥舎、農産物育成管理施設、サイロ、農業用貯留そう、果樹棚、排水施設、かん水施設、その他市長が必要と認めた事業

2 揚排水用機具、耕耘整地用機具、農産物育成管理用器具、肥料調整散布用機具、病害虫防除用機具、収穫調整用機具、畜産用機具、その他市長が必要と認めた事業

経営資金

1 果樹等の植栽又は育成事業

2 牛、豚等の購入若しくは育成事業、その他市長が必要と認めた事業

高梁市農企業経営者育成資金融資規則

平成17年3月31日 規則第13号

(平成28年4月8日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成17年3月31日 規則第13号
平成19年5月21日 規則第52号
平成28年4月8日 規則第36号